乳液つけていますか?スキンケア!一歩間違えると…逆効果!



乳液つけていますか?スキンケア!一歩間違えると…逆効果!


20171024153208080.jpeg

知られているようで知られていない乳液の役割


 


  • 化粧水だけつけて乳液をつけない方
  • 乳液を必要以上につけている方

 


間違えたスキンケアはお肌に負担をかけ

最悪『老化促進』なんてことにも…


 




乳液の役割


20171024152844d57.jpeg

乳液は化粧水で潤った肌の潤い成分を閉じ込める働きをします


 


逆に、乳液をつけないと…


潤い成分は蒸発してしまいお肌は乾燥してしまいます


 


乾燥は細胞を老化させ

それが、しわやしみ、くすみなどの原因に…


 


季節に関係なく

化粧水のあとは必ず乳液をつけましょう!!


 




乳液のつけすぎもNGだって知ってますか?!


20171024153631ec6.jpeg

たくさんつけた方が良いような気がする乳液!!


 


しかし!!


用法用量を守らず、つけすぎを繰り返していると

『毛穴の開き』や『ニキビ』の原因に!!!


 


適量はその乳液に記載されていますが

基本的には『一円玉〜10円玉』位の大きさの量が丁度良いそうです


 




乳液のつけ方


2017102415381850d.jpeg

①化粧水を塗ったら、必ず1〜2分ほど時間をおいてから乳液を塗りましょう

※時間をおくことで、潤いを肌に浸透させられるので

浸透してから乳液をつけるとこで潤いを持続させることができます


 

 


②コットンではなく両手で人肌に温めてから顔に塗る

※コットンは顔全体にまんべんなく乳液を塗れるといった部分ではおススメなのですが

コットンの質や、塗り方を気をつけなければ

肌の刺激のもとになってしまい、くすみやしみのもとになってしまいます


いつもわりと時間がない方や加減がわからない方は

コットンではなく、手の平で塗ることをオススメします

 


※また、手の平で塗ることで

乳液を少し温めることができます


乳液は少し温まっていた方が、より浸透しやすくなり

効果を発揮しやすくなります


 

 


③Tゾーンなど、もともと油分の多い場所には乳液は減らして塗る

※油分が多いところは水分が不足しがち

少し多めの化粧水でしっかり保湿し、薄めの乳液でフタをし、水分を閉じ込めましょう

 


また、目元、口周りは他の部位より乾燥しがち

少し多めに化粧水、乳液でケアしましょう!!


 




毛穴の開き


20171024154017782.jpeg

毛穴の開きが気になる方は


スキンケア後冷たいタオルでトントンたたくように

毛穴の開きが気になる部分を冷やしてあげると良いです


 


毛穴が引き締まり、保湿の持続力もアップします


 


また…


  • 乳液はぬりすぎてないか?
  • 化粧水はしっかり浸透しているか?
  • コットンなどで刺激を与えすぎてないか 等

 


ぜひ!!スキンケアの見直しを…!!


 


【補足】

※ニキビかできている方は、間違えて冷やさないように注意しましょう!!

ニキビは『毛穴のつまり』や『血行不良』が原因の場合が多いです


その為、冷やしてしまうと

血行もが悪くなり、さらにばい菌も閉じ込めてしまうので、ニキビを悪化させてしまう恐れがあります

くれぐれもご注意を…


 




最後に…


2017102415413443e.jpeg

間違えたスキンケアは

お肌に負担だけでなく老化も促進させてしまいます


 


逆に正しくケアできると

化粧水の効果を最大限に発揮することができ

乾燥肌に悩まされずにすみます!!


 


今夜から是非!!正しいスキンケア方法を取り入れてみましょう!!!


 


 


いつもご愛読いただきましてありがとうございます


 


この記事が気に入っていただけましたら

是非!!ポチっとお願いしますm(_ _)m


FC2 Blog Ranking

ゆきえぬさんのランキング集計結果



【関連記事】



 


関連記事

コメント

非公開コメント